2015年5月7日木曜日

日本人が開発した新しいがん治療法「光免疫療法」、米国で臨床試験を開始 2015年最新がん治療法


がん細胞だけを熱で殺す方法、低い副作用に期待

写真はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:Rhedee/クリエイティブ・コモンズ表示-継承 2.0 一般)
写真はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:Rhedee/クリエイティブ・コモンズ表示-継承 2.0 一般
 この4月末、ある治療の臨床試験の開始が米国食品医薬品局(FDA)から認可された。

 2011年に日本人を中心とした研究グループが開発した、新しいがんの治療法「光免疫療法」である。

 開発を報告した当時の論文を振り返ってみよう。

副作用を減らしたい

 米国国立がん研究所(NCI)/米国国立衛生研究所(NIH)の主任研究員を務める日本人研究者、小林久隆氏らの研究グループが、医学分野の有力誌ネイチャー・メディシン誌で2011年11月6日に報告した。

 現在のがん治療では「手術」「放射線療法」「化学療法」の3つの方法が主流になっている。これらの治療にはどうしても副作用が付いてくる。

 副作用を最小限にするため、がん細胞に特有の部分を狙ってがんだけを殺すように設計された「分子標的薬」が開発されてきたが、その数はまだ少ない。

 研究グループは、新しいタイプの分子標的がん治療法となる「光免疫療法(PIT)」を開発した。

がんにくっついて熱で殺す

 この治療は、文字通り「近赤外線」という光を使ってがんを破壊するものだ。

 ポイントとなるのは、一つには、がん特有の部分にくっつく「抗体」というタンパク質。さらに、その抗体とセットになってつながる「IR700」と呼ばれる色素。「フタロシアニン」とも呼ばれている。

 IR700は波長700nmの近赤外線を受けると化学変化を起こす。光エネルギーを吸収して発熱。がんにダメージを与えることができる。

 研究グループは、がんの増殖アクセルである「上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)」にくっつく抗体とIR700を結合させた薬を作り、抗がん効果を検証した。

がん細胞が即座に死滅

 まず、シャーレの中で人間のがん細胞「A431細胞」を殺せるかどうか調べた。A431細胞は実験用に培養したもので、その表面にはEGFRが出ている。

 作った薬をA431細胞の培養液に加え、近赤外光を当てると、ただちに細胞は死んだ。

体内でもがんが縮小

 次に、新しい薬の効果を動物実験でも検証している。

 まずA431細胞をネズミに移植。このネズミは人の細胞に拒絶反応を起こさない特別なネズミで、がんが体内で増えてくる。がんのできた状態で、薬を使い、近赤外光を当てたところ、がんを縮小させることができた。

 薬はがん細胞の内側よりも、がんの表面に効果を示していた。タンパク質をターゲットにしているところで効果が高まると見られた。

がん「だけ」を殺せる!

 さらに、この薬はがん細胞にくっつかない限り、体に害を与えないと確認している。がん細胞にくっついて初めて、近赤外線を当てるとそのくっついたがん細胞を殺す。副作用軽減につながる重要なポイントと研究グループは説明している。

 臨床試験では頭頸部がんの10人ほどを対象として、近赤外線を当てずに安全性を確認する見通し。その後、20人前後で近赤外線を当てて治療効果を検証する予定という。

 がんの治療では従来ないアプローチも注目されそうだ。

文献情報

Mitsunaga M et al. Cancer cell-selective in vivo near infrared photoimmunotherapy targeting specific membrane molecules. Nat Med. 2011;17:1685-91.

0 コメント:

コメントを投稿