2015年7月1日水曜日

カテキンと緑茶に熱視線、「がん」に対抗し、「認知機能」を高め、「血管」を健康にする












日本だけにとどまらず、世界で


写真はイメージ。記事と直接の関係はありません。(写真:Carlos Andrés Reyes/クリエイティブ・コモンズ表示 2.0 一般
 7月1日、NHKの「ためしてガッテン」で緑茶やカテキンを特集する。

 Medエッジの記事の中からも、このごく身近な飲み物のパワーについて振り返ってみたい。

口の中のがんを防ぐと報告

 さらに、米国のペンシルベニア州立大学の植物・キノコ健康食品センターの研究グループが、栄養学の国際誌であるモレキュラー・ニュートリション・アンド・フード・リサーチ誌で報告しているものだ(緑茶成分は口の中でがん細胞だけを死滅させる!?がん細胞だけを標的に特殊効果を参照)。

 カテキンの一種が正常な細胞に有害な作用を持つことなく、口腔がん細胞を死滅させる可能性があるというものだ。お茶を飲むと口の中でがんができにくくなる。

 長寿に関係する遺伝子を調べたところ、がん細胞ではオフに、正常細胞ではオンにする仕組みが分かった。がん細胞だけ死に至らしめるという結果だ。

 緑茶に含まれるカテキンやテアニンなどは、いずれもポリフェノールと呼ばれている。その仲間ががんの拡大を抑えるという報告が出ている(がんの根源たたく、緑茶やダイズに共通のモノを参照)。自然の材料から作られる飲み物には、ポリフェノールが含まれる場合は多く、がんを抑制する効果との関係は注目されている(「飲み物は“サプリ”です」がんを予防!飲み物に含まれる植物由来天然物質に多彩な効果を参照)。意識的に取り入れると良いのだろう。

 基礎的な報告が多いものの、緑茶の効果としては意外性がある。もしかしたらがんを防ぐまでいかなくとも損になるものではなく、緑茶を進んで飲もうという思いは湧いてくる。

脳への効果で続く報告

 脳に良いという報告も目立っている。

 米国国立衛生研究所(NIH)の研究グループは、アルツハイマー病のネズミを使って、緑茶の成分の記憶機能に与える影響を調べている(緑茶にアルツハイマー病の予防効果?運動と一緒でを参照)。緑茶抽出物である没食子酸(もっしょくしさん)エピガロカテキンは、巣を作る能力が高まったり、迷路を抜ける能力が高まったりすると判明した。

 さらに、「fMRI(機能的磁気共鳴画像装置)」と呼ばれる画像診断で脳の血流を見る研究からも緑茶の効果ははっきりしてきている(緑茶が記憶力を高めるを参照)。精神と薬についての国際誌であるサイコファーマコロジー誌オンライン版で報告されていた。

 お茶の味がしないように、チューブで胃の中に直接注入して、純粋に緑茶の効果を調べているのがポイントだ。

 結果として、お茶によって、脳の内部での部位と部位との間の相互反応が強まると分かった。記憶を高めるような効果につながるのではないかと推定されている。

 緑茶にはさまざまな成分が含まれており、カテキンやテアニンに注目が集まる場合がよくあるが、カフェインが気分を高める効果があり、気持ちを落ち着かせる効果よりも上回っているという報告が出ていた(お茶の成分は、落ち着くより興奮するを参照)。

 お茶の脳への効果は複数の成分から出ている可能性もあるわけだ。

日本から驚きの結果

 緑茶ががんに効果を示すという意外な報告が日本で大きく注目を集めた。

 国立がん研究センターが3月にオンライン版で報告、米国疫学学会紀要2015年7月号に正式に論文を掲載したものだ(緑茶を毎日3杯飲むと死亡リスクはおおむね1割減る、話題になった日本研究よりを参照)。

 1990年~1994年に、40歳~69歳の日本人9万人以上を調査。約19年間の追跡期間中に1万3000人近くの死亡を確認。

 緑茶を1日に飲む量に応じて、「全く飲まない」「1杯未満」「1~2杯」「3~4杯」「5杯以上」と飲む量ごとにグループに分けたところ、男女とも、緑茶を飲む人は飲まない人に比べて原因を問わない死亡リスクを下げる効果があると確認できた。

心臓や呼吸器に効果

 1日に1~2杯飲む人のリスクは、男性で0.96倍、女性で0.90倍、3~4杯飲む人では男性0.88倍、女性0.87倍、5杯以上飲む人では男性0.87倍、女性0.83倍だった。

 おおむね1日に3杯を超えると、死亡のリスクが1割下がるという結果になっている。

 低下したのは、男女とも心臓病による死亡リスク。

 男性では、脳血管疾患と呼吸器系疾患による死亡リスクが低下。

 ここではがんによる死亡リスクとの関連は見られなかった。

 1日3杯程度なので、無理なく続けられるところは大きい。

効果は動脈硬化や糖尿病にも

 血管への効果も重要だろう。やはりポリフェノールによって動脈硬化を防いでいるという効果が報告されている(緑茶とリンゴで動脈硬化をブロック、ポリフェノールに効果かを参照)。

 エピカテキンが糖尿病を防ぐような効果を示すとも報告されている(ココアやお茶を飲むと心臓や血管に良い、「エピカテキン」が保護効果を参照)。

 複数の観点から見て、緑茶への関心はさらに高まってきそうだ。
Medエッジ専門版がスタート。まずは大腸がん、糖尿病に関する海外の最新情報を厳選して分かりやすくお届けします。

大腸がん専門版へ
糖尿病専門版へ

ーーー
関連情報:
安くて安全な既存薬でがんの転移を抑制が可能になりました。プロパゲルマニウムとANP
http://neovisionconsulting.blogspot.jp/2015/06/blog-post_85.html


既存薬でがん予防
http://neovisionconsulting.blogspot.jp/2017/10/anp.html

すい臓がんに効く可能性が高い既存薬5種類
http://neovisionconsulting.blogspot.jp/2017/10/blog-post_65.html
<BR />



1、関連情報。
がんの予防方法として、
「アスピリン」の代わりに同じ成分の「バッファリンA」を食後30分以内に、
毎回2錠ずつ飲むと良いそうです。血液がサラサラになる効果があります。
アスピリンががんに効くかどうかの日本での臨床試験は、去年2015年に始まりました。
いままで、がんの薬の効きが悪かった人も、バッファリンAを飲み始めたら、
がんの薬の効果が倍増して、とても良く効く様になった例もあるそうです。

2、関連情報。
ファンケルのビタミンC&Pと言う商品が、免疫を高めてくれるので、とても良いそうです。
ビタミンC&Pは、青みかんパウダーの成分と同じかも知れません。

3、関連情報。
元は、花粉症の民間治療法ですが、
「R1ヨーグルト」を食べるか飲むヨーグルトなら飲んで、
アマゾンの通信販売のサイトで、
「青みかんパウダー」は、無農薬みかんの皮も含んでいるので、
R1ヨーグルトと一緒に飲むと、免疫力がとても高まり、
多くの花粉症の患者に効果があるそうです。
がんの方の免疫を高める効果もあるのでは無いでしょうか?

4、関連情報
がんの転移を抑制してくれる肝炎治療の既存薬。
プロパゲルマニウム(既に肝炎治療薬として承認済み。)
https://www.kyushu-u.ac.jp/pressrelease/2015/2015_01_03.pdf

http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2015/01/20150106_01.html

5、関連情報。
がんの転移を抑制してくれる心不全治療の既存薬。
心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)(心臓から分泌されるホルモンで既存薬として承認済み。)
http://www.ncvc.go.jp/pr/release/janp.html




0 コメント:

コメントを投稿