2015年11月5日木曜日

白内障目薬can-c/早期白内障なら目薬で治ります。ジェネリックあります。


白内障を手術なしで治療できる目薬「can-c」と、その安価なジェネリック「シーナック」の通販。白内障を改善するために世界中で使用されています。

白内障とは

 

白内障とは目の中でレンズの役目をしている水晶体が濁る病気です。

 

目の中の水晶体は通常ですと無色透明なのですが、老化と共に誰でも水晶体が濁ってきます。

 

ですので、白内障の原因の90%は加齢によるものである事がわかっています。また男女に大きな違いがあって男性1に対して女性は3圧倒的に女性が白内障になりやす傾向があります。

 

目の水晶体はたんぱく質と水でできています。水晶体が濁るが濁る原因は、酸化が原因となっています。

 

なぜ、水晶体の酸化が進んでしまうのかは、天然の酸化防止剤・カルノシンの不足が原因です。


 

からだは、酸化防止機能があるカルノシンの働きで酸化防止をしているのですが、加齢とともにこの酸化防止剤カルしノンの生成が減少してきて、水晶体は酸化し濁り始めます。

 

白内障は50代ぐらいから始まり、60代では4人に1人ぐらいの割合で発症し、80代ではほぼ全員の方が白内障になっています。

 

白内障の初期症状としては、

 

・ものが見えにくい2重3重に見える・明るいところへ出るとまぶしい。・かすんでみえる。

 

従来では、白内障になると、その進行を止める目薬を使用するか、手術による方法しか白内障を治療する方法がありませんでした。

 

手術による方法は、確かに白内障がはなくなりものが良く見えるようになりますが、人工の水晶体を使用するため、今までの様に焦点を自分で合わせる事ができなくなります。

 

焦点をいくつか調整できる人工の多焦点眼内レンズなどもありますが、これは保険が効きませんので、片目で30万ほど掛かってしまいます。

 

また白内障の手術は、その一割が再度白内障に掛かってしまうリスクもあります。

 

白内障の手術の様子

 

白内障目薬CAN-Cのジェネリックシーナックについて詳しはこちら

 

白内障の目薬

 

これまでは、白内障の目薬と言いますと、白内障の症状をそれ以上悪くしない目薬でした。

 

ですが最近になり、白内障を治療できる目薬が開発されました。

 

ロシアの科学者、マーク・バビザエフ博士と研究チームは、10年の研究の末、Nアセテルカルノシン目薬Nアセテルカルノシン(NAC)という「複合アミノ酸」を目薬として使用することにより、このNACが本来人間の体にあって、強力な天然酸化防止剤である、純度の高いカルノシンに変化して、直接水晶体の酸化防止をすることが分かりました。

 

5万人もの白内障患者による臨床試験を行い、なんと90%以上の方に視力の回復が見られました。

 

この研究成果から発売されたのが、CAN-Cと言う白内障の目薬になります。

 

CAN-Cは、医薬品としてEUの安全規格CEマークを取得し、2010年9月には米国でも特許が承認されています。白内障を画期的に改善するCAN-C目薬として、現在、世界各国で使用されている最新の白内障治療薬(目薬)になります。

 

CAN-Cの効果

 

数万人の白内障患者に1日2回、半年間Can-Cを使用したところ下記のような効果が分かりました。

 

・88.9%にグレア(不快感や物が見えづらくなる眩しさ)感度が改善されました。・41.5%にレンズ透過率の改善が見られました。・90%に視力の改善が見られました。

 

CAN-Cの効果が最も良く出た患者は、白内障7年未満の患者で、もちろんそれ以上の患者にも効果がありましたが、やはりどんな薬でも、早期に使用することにより、より良い効果が得られるのは間違いありません。

 

今までは、白内障になると手術をする以外に方法が無かったのですが、CAN-Cの登場により、早期の白内障でしたらかなりの確立で、目薬による治療が可能になりました。

 

早期の白内障はCAN-Cのジェネリックシーナックが効きます。

 

CAN-Cの個人輸入

 

CAN-Cは日本では、まだ薬としての許可が下りていませんので、お医者さんに行っても買う事ができません。

 

ですが、個人輸入と言う形でこの目薬を購入することができます。

 

薬は一定量までは、個人で輸入していもいいことが法律で許されています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

個人輸入と言ってもそんな事をした経験がある人は少ないと思いますが、今は、この個人輸入を代行して行ってくれる業者がいますので、そんなに難しい事なく海外から医薬品を買うことができます。

 

医薬品の個人輸入に関しては、悪徳業者もいるため、安いからと勝手に薬を購入するのは危険です。

 

当サイトでは、管理人の私が実際に使用して、安全な個人輸入の代行業者をご紹介していますので、必ずそちらから購入してください。

 

CAN-Cには、お安いジェネリックのシーナックも発売されています。

 

白内障目薬CAN-Cのジェネリックシーナックの詳細はここから。

 

CAN-Cの使用方法

 

白内障の治療に使用する場合一日2回2滴づつ使用します。一滴使用した後、5分ぐらいしっかり目薬の成分が目に染み渡ったあと2滴目を点眼してください。効果が出てくるのは、1か月後ぐらいになりますが、最低でも半年は続けてみて下さい。

 

白内障であると割ったらなるべく早く使用することが効果的です。

 

白内障の再発防止に使用するとき一日1回2滴づつ使用します。一滴使用した後、5分ぐらいしっかり目薬の成分が目に染み渡ったあと2滴目を点眼してください。

 

 

CAN-Cは、白内障の治療以外にも、下記の目の病気に効果があると言われています。

 

・ドライアイ・眼精疲労・老眼・目炎・視力障害

 

どんな人でも、加齢から逃れることはできません。つまりどんな人も白内障から逃れる事が出来ないのです。早期の白内障には、画期的な治療効果が期待できるCAN-Cですので、白内障を診断されたら、すぐに目の手術をするのではなく、CAN-Cで治療をしてみて下さい。手術してしまった目は元には戻りません。やはり自分の水晶体を使用してものを見る事はとても重要で、幸せな生活を送る事ができます。そんな時に頼りになるのが、CAN-Cになります。

 

白内障目薬CAN-Cのジェネリックシーナックの詳しい使用方法。

 

CAN-Cの意外な使用方法

 

CAN-Cは人の白内障の治療に役に立ちますが、ペットの白内障の治療にも使用できます。

 

犬などを飼っていますと、14年ぐらいしますと白内障が始まります。

 

老犬になると、すでに白内障が進んで、真っ白なひとみになってしまっている犬を良く見かけます。

 

CAN-Cは安全性の高い目薬で、動物にも使用できますので、かわいいペットが白内障になる前に使用してあげて下さい。

 

使用方法は人間と同じです。

 


 

白内障目薬CAN-Cのジェネリックシーナックはペットにも使用できます。。

 

0 コメント:

コメントを投稿