2016年3月30日水曜日

スクラッチシールドよりもカールツァイスの超低反射ブルーライトカットレンズは、かなり良い。

今は、眼鏡市場に以下の内容で問い合わせ中です。

http://www.soj.co.jp/bluelight/
カールツァイスの超低反射ブルーライトカットレンズのお取り寄せは可能ですか?
お店で見た、スクラッチシールド、PCレンズ(ブルーライトカット)より、かなり高性能です。

このレンズは、ブルーライトを反射と吸収の両方でカットするタイプです。

◼︎眼鏡市場の店頭とe-mailによるご対応にて、 カールツァイスのPCプレミアムと言う眼鏡市場の商品が、超低反射ブルーライトカットレンズと同じレンズだと解りました。良かったです。

引用元: http://www.soj.co.jp/bluelight/

ギラつきを抑え、ブルーライトをカットする 超低反射ブルーライトカットレンズ

ブルーライトとは?

ブルーライトとは、可視光線の中でも強く散乱する性質を持つ短い波長の光で、エネルギーが強く、まぶしさや目の疲れなどを感じさせる原因とされています。パソコンやスマートフォン、ゲーム機などの液晶画面にはLEDがバックライトとして使用されていることが多いため、ブルーライトを強く発生させています。
  • 紫外線に近い波長のブルーライト(380~500nm)はエネルギーが強く、目への負担が懸念されています。
  • 短い波長のブルーライトは、大気中の粒子(チリやホコリ)にぶつかりやすく散乱しやすい光です。この散乱しやすいブルーライトは、まぶしさやチラツキの原因となり、像の輪郭を不鮮明にしてしまいます。
PCレンズにとって最も大切なことは、「ブルーライトを効率的にカットすること」と「反射を最小限に抑えること」です。
しかし、従来のPCレンズには「反射がギラついてしまう」という大きな問題点がありました。
ギラつきを抑えたブルーライトカットを実現しました。
  • まぶしく感じるブルーライトを効率的にカット

    まぶしく感じるブルーライトを効率的にカット
    液晶モニターなどのデジタル機器から発せられているブルー ライトを集中的にカットすることができます。
    比較図
    まぶしさやチラツキを抑え、ブルーライトカットレンズ不使用時に比べ、コントラストの高いはっきりとした視野が得られます。
  • 超低反射コートでギラつきを大幅に軽減

    超低反射コートでギラつきを大幅に軽減
    通常使用時に比べ、PC作業時はレンズに角度がつき裏面反射を感じやすくなるため、レンズの反射を抑えることが重要となります。
    比較図
    超低反射コートを施すことにより、従来のPCレンズの問題点であったギラついた反射が抑えられ、深みのあるエレガントなブルーの反射となります。
  • 反射+吸収でブルーライトを軽減します

    比較図
    新開発のブルーライト吸収剤と独自の多層膜コートとの組み合わせにより、まぶしさやギラつきの原因であるブルーライトを効果的に軽減することに成功しました。
  • ブルーライトによるぼやけの発生を軽減

    比較図
    光は波長により焦点距離が変わります。赤色が網膜上に焦点を結ぶとき、可視光線の中で最も短い波長を持つブルーライトは、網膜の手前で焦点を合わせてしまうためボヤケがおきます。ブルーライトをカットすることで焦点距離の差が小さくなり、物が見やすくなります。

優れた防汚コートも標準装備「キズ」「汚れ」「ホコリ」がつきにくい

  • スチールウールテスト
    優れた潤滑性能に加え、新開発された超硬質スーパーハードコートの採用により従来の防汚コートに比べさらにスリキズに強くなりました。
  • 指紋付着後の拭き取りテスト
    超撥水・超撥油性能格段に向上し、皮脂や指紋、化粧品等の油汚れもつきにくく、拭き取りやすくなりました。
  • メガネクロスで摩擦後のベビーパウダー付着テスト
    静電気防止機能により、レンズを拭いた時に発生する静電気が帯電するのを防止し、花粉やホコリをよせつけません。
・このレンズはブルーライト吸収剤を染色しているため無色レンズではありません。
(カラーは肌色と同系色となります。)
※画像はイメージです。


0 コメント:

コメントを投稿