2018年9月15日土曜日

Githubクローンは、日本語対応のGogsかGiteaかGiltlabが候補になりそうです。

Gogs、Giteaは、Go言語製で使用メモリーが512Mバイトくらいな様で、コンパクトメモリーで済むのは優れていてコスト面では有利ですね。ただし全文検索機能は無いです。

もし、Gitlabをインストールして運用する場合は、デフォルトの構成のnginxとPostgresqlを使用するのであれば、インストールはそこそこの手間でインストール出来そうです。
そうすると、PHP、Python、Go言語、RailsなどのWEBサイトを作っても運用するときにNginxで運用する前提になると思います。NginxはApachより性能が高いので、設定が少し違いますが、慣れれば大丈夫そうな気がします。

ApacheとNginX混在設定は面倒そうなのでパスしようと思います。

Go言語のGogs、Giteaが良いか、もしくは全文検索が出来るのは、Gitlabですが、使用メモリが4GB弱必要なのが、少し問題な点です。

自宅サーバーをするなら、
固定IP対応のプロバイダーにする予定なので、それまで待つ必要があります。
つまり、Gogs、Gitea、Gitlabのどれが良いか迷っています。

Gogs、Giteaなら
さくらVPSの
2G システムメモリ
1,706円/月
初期費用 2,160円
年間一括 18,770円
50GB
SSD

200GB
HDD
(SSDかHDDを選択)

仮想3Core CPU

GitlabだとカゴヤVPS
12コア CPU
月額費用
3,456円

標準ストレージ容量      320GB SSD
保証メモリー 4GB  
最大メモリー      8GB
GithubクローンをVPSレンタルサーバで運用するには、コストの違いもあります。
自宅サーバーの方が良い場合もあります。
かごやVPSは、OPEN VZのコースですが、カーネルが共有タイプなので、問題が出る場合もあるようです。Dockerをインストールする場合などです。
かごやVPSのOPEN VSの共有カーネルのバージョンは、2018年9月現在かなり低いようです。

0 コメント:

コメントを投稿