2019年3月1日金曜日

電子政府化と公務員の庁舎などのコンビニ化について。(検索結果を追加しました。)



都道府県庁、中央省庁への書類申請時に以前は、たらい回しにされていたのを改善したオンライン電子書類申請システム、このシステムの導入だけでも、無駄に多い公務員人数と公務員予算は半減出来たはずだと思います。

20193月現在、コンビニにマイナンバーカードを持参してパスワードを入力すれば、住民票や戸籍謄本を印刷出来るらしいです。将来はこのシステムもオンライン申請システム化してペーパーレスシステムにして欲しいです。出来れば電子サイン&電子印鑑システムやSUICAとAlipay(アリペイ)とLine Payや
Apple Payなど、スマホ決済対応システム導入も政府(司法、立法、行政府)にも企業やお店にも政策で導入義務化して欲しい。
安くて多機能なレジシステムのAirエアレジの
検索結果はこちら

上記システムを普及させて冠婚葬祭についての申請も全てオンライン申請化すれば、都道府県庁舎、市区町村役場の建物も人員もコンビニがあれば代わりになり良いと思います。市区町村役場、都道府県庁舎も中央省庁もコンビニ化していけると思います。都道府県庁舎も市区町村役場も郵便局も派出所もコンビニ化して土地不動産の売買や賃貸と無料のIT研修も行なう転職エージェントや食料や飲料やお酒、雑貨やまくらや布団や冷暖房器具、新車と中古車などの販売や貿易と輸出入、住宅展示場で注文住宅と外壁塗装や屋根、窓、床、柱、壁、天井、トイレ、お風呂、を含むリフォーム、引っ越し時に不用品を買い取るリサイクルショップ、人とペットの市区町村営霊園(一般的な仏教だけでなく、キリスト教や神社(神道)の経営する霊園もあります。また無神論者(無宗教)の方なども考慮するべきです。)、旅行業や保険業、ホームティーチャーなども出来ると思います。

上記システムの導入で予算にゆとりが出来て、それでもコンビニ化が進まない派出所には、室外機が静かで暖房も良く効くエアコン、オイルパネルヒーター、机の下には小さなパネルヒーター、インターネットプロバイダー、モバイルWifiルーター、パソコン、タブレット、スマホ、LED照明器具などの予算拡充も良いと思います。

国家予算にゆとりが出来れば、国民基礎年金+全員加入の皆保険の厚生年金や高齢者の介護保険+医療保険、少子高齢化予算など色々充当出来て良いと思います。

アゼルバイジャンの電子政府(世界一位の電子政府の成功例)
エストニアの電子政府(世界二位の電子政府の成功例)



参考。以下は成功例です。
少子高齢化対策の検索ワード。
ロシアの少子高齢化対策
検索結果はこちら

2015/10/08 - 少子高齢化が深刻化して久しい我が国ですが、同じ悩みを抱えていたロシアがその問題を解決しつつあります。いったいどのような方法を取ったのでしょうか。国際関係アナリストの北野幸伯さんが無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で ...
2017/12/20 - 国家存亡にかかわる人口減少に直面する日本にとって、「人口対策はプーチンに学べ」ということになる。 ... ソ連崩壊後、経済・社会混乱が続いたロシアは1990年代に少子化が進み、1人の女性が生涯に産む子供の数を示す合計特殊出生率 ...
2018/03/28 - 日本と同様に人口減少に悩んできたロシアだが、プーチン体制下で母親手当などを増額した結果、出生率が大幅アップ。2016年上半期は1.83まで上昇した(日本は1.44)。フランスの高名な歴史人口学者、エマニュエル・トッドも「少子化対策は ...
2017/12/18 - 少子化対策は「プーチンに学べ」--名越健郎 ... 出生率アップのいい事例はロシア。 ... ロシアはソ連邦崩壊後の経済危機で、毎年人口が大幅に減少したが、ウラジーミル・プーチン露大統領は積極的な財政的インセンティブを導入し、出生率は ...
ロシア に移動 - ロシアではソ連崩壊後、人工妊娠中絶や離婚の増加で出生率が低下し、他にも社会情勢の混乱による死亡率上昇や他国への移住による ... 少子化対策が行なわれるようになり2006年には大胆な少子化対策を打ち出した。2007年以降に第二子を出産した母親に、その子が3歳 ... ている人口減少はその後改善傾向にあり人口減少問題に解決の兆しが見えているが高齢者の増加により新しい問題が出てきている。
2015/10/08 - (いつの時代も子供はたからもの)少子高齢化対策のヒントが隣国にはある「確定拠出年金の掛金、しくみが不便な3つのこと その2」で、少子化が進むため、老人を支えられなくなり年金制度の維持は難しいのでは?と書きました。少子化 ...
2018/09/12 - 人口減少は国家存亡の危機と認識せよ――プーチン大統領のロシアに学ぶ少子化対策. 2018年09 .... それはベビーブーム期に生まれた女性が高齢となったこと、ソ連崩壊後に生まれた女性の人口層が薄いことが大きな要因です。ロシア国立 ...
このため、連邦政府は人口減に歯止めをかけようと、今年から少子対策として、従来の「Erziehungsgeld(養育手当)」に代わって新たな ... 一方、日本も合計特殊出生率でドイツを更に下回る1.29で、社会の高齢化が進む中、少子対策は喫緊の課題だ。
スウェーデン、フィンランドといった北欧諸国は、比較的高水準の出生率を維持し、少子化の程度は小さい。 ... ロシアは、アメリカと並び1940~50年代から総人口が1億人を超えていた国だが、戦後半世紀でアメリカほど増加はしていない。1950年に1億280万人 ...

2008/09/24 - ... は日本の方が「途上国」です。ロシアの徹底した少子対策、ベンチャーキャピタリスト大坪祐介氏(日本経済 ... 人口減少は数でも率でも史上最悪、学校が消滅してゆく惨状 - 少子高齢化でも「安... 認可保育所をも潰し、保育士を酷使して ...

長野県下条村 奇跡の村 少子高齢化対策
検索結果はこちら


2016/03/25 · 人口流出と少子高齢 化の負のスパイラルが加速するばかりだという ... ところで、下條村はなぜ奇跡を起こせたのだろうか。
2013/06/04 · 4年ぶりに訪れた山奥の「奇跡の村」 ... 長野県最南端の下伊那郡の中央に位置する下條村の人口は、 ... 村として早くから少子化対策に乗り出し、成果をあげてきたからだ。
2014/05/25 · 昨今議論が高まっている移民受け入れの必要性と深く関係するのが少子化対策 の成否だが、安倍政権はむしろ対策を後退させている。

少子高齢化と人口減少により「地方消滅」が叫ばれて久しい。そんな中、長野県下伊那郡下條村は、 全国の自治体関係者から「奇跡の村」と呼ばれている。少子化対策に目覚ましい成果をあげてきた ...

2014/06/18 · 漸くにして少子化対策に力が入って来たかのような日本政府 ... 出生率1.86の長野県 下條村は少子化を食い止めた「奇跡の .... 人口減・ 高齢化を放置したから、生産性も物価も低迷する ...

2015/10/16 · 少子高齢化と人口減少により「 地方消滅」が叫ばれて久しい。そんな中、長野県 下伊那郡下條村は、全国の自治体関係者から「 奇跡の ... 少子化対策に目覚ましい成果をあげてきた ...

2016/02/19 · 少子高齢化対策は、国を挙げて取り組みが行われている; 村の活性化のための大胆な取り組みは、住民の ... 長野県下伊那郡下條村。

村が合併し、下條村となる。 ... 長野県の最南端下伊那郡のほぼ中央に位置し、車で飯田市街、中央道飯田イン ... 少子化対策施策 ... 成人・高齢者施策.
含まれない: 奇跡

2014/05/26 · 出生率1.86の長野県下條村は少子化を食い止めた「奇跡の村」│NEWSポスト ... 同村では1992年から大胆な少子化対策に着手。
含まれない: 高齢

少子高齢化と人口減少により「地方消滅」が叫ばれて久しい。そんな中、長野県下伊那郡下條村は、 全国の自治体関係者から「奇跡の村」と呼ばれている。少子化対策に目覚ましい成果をあげてきた ...
フランスの少子高齢化対策
検索結果はこちら

2)フランス フランスは、1世紀にわたり少子化に取り組んできた国です。 出産育児にかかわる問題をひとつづつ解決し、たえず家族政策の改革、改善に取り組むことにより、少子化問題に向き合おうとしています。 グラフ24 フランスの社会制度は、「産めば産む ...
2018/06/22 - 2017年、フランスは先進国の中でも高い合計特殊出生率1.88を示した。その6割が、結婚していない親からの出生ーー。 日本とは異なる視点の家族政策で先進し、少子化対策の効果を上げているフランス。5月上旬、その事例を視察しようと、2 ...
2016/11/12 - 以前は日本と同じように少子化に悩んでいた、フランスの合計特殊出生率は2014年のOECDデータで1.98となっており日本の1.42 ... 少子高齢化対策は社会に生きる人にとって最優先に考えるべき問題の一つ、という認識すら足りないもんね。
2013/01/16 - そこで今回は、子育て奨励社会フランスに学ぶ「日本の少子化問題解決策」の例を7パターン紹介する。 ... そんな少子高齢化社会の日本に対して、世界で最も少子対策の進んだ国と言われているフランスの人はよくこのようなことを言う。
日本でも、少子対策フランスに学べ、と声高に叫ばれてきた。 ... 少子化克服国」フランスの出生率が下がり続けている! ... 「68年5月革命世代」と呼ばれるベビーブーム世代が高齢化を迎えている今、死亡数が増えるのは必然で、大きな人口増加は期待 ...
大岡頼光 著 - ‎関連記事
両国に比べ、日本は出生率を大きく下げて. きた(図表 1)。 本稿は、スウェーデンよりも出生率が安定した高さを維持してきたフラ. ンスに焦点を当てる。高齢化率では日本は 1990 年代にフランスを追い抜. いている(図表 2)。 フランス少子対策の財源をどう ...
になるなど近年は出生率が回復し5、移民の流入と相まって人口が増加している。長期にわ. たり人口の停滞・減少に悩み、様々な少子化対策・家族政策を講じてきた「少子化先進国」. フランスの経験は、今まさに人口減少に直面している我が国にとり参考となろう ...
A6. 北欧諸国やフランスなどでは、政策対応により少子化を克服し、人口置換水準近傍まで合計特殊出生率を回復させている。 例えば、フランスは家族給付の水準が全体的に手厚い上に、特に、第3子以上の子をもつ家族に有利になっているのが特徴である。
各国の事情 ヨーロッパの諸外国では数十年前から少子化対策を行ってきた国が多く存在しています。 スウェーデンやフィンランドそしてフランスでも少子化対策を早くから計画して実践してきたおかげで、現在では少しずつ少子化が改善されています。 フランス ...

世界的に広がる少子高齢化。その中で、充実した出産・育児支援策を打ち出して少子化を克服した、フランスとスウェーデンの少子対策についてご紹介します。



0 コメント:

コメントを投稿