2018年10月30日火曜日

目が疲れにくい眼鏡の度数の調整方法とレンズの選び方について。眼鏡市場にてスクラッチシールドはテカテカギラギラして高反射なのでまぶしくて目に悪いです。ビックカメラのセイコーフロンティアと言う光を吸収する吸収式タイプの方が低反射なので目にやさしくて良いです。

https://www.seiko-opt.co.jp/lens/frontier/ 

シェアしました。

疲れにくいメガネの作り方は、
ビックカメラならセイコーフロンティアと言う眼鏡のレンズで、
左右の視力が異なっていても、
左右同じ度数で、自動車免許証の
更新が可能な範囲で、なるべく
実用範囲内で弱めに作り、

中距離。 長距離の文字は少しだけボケているくらいが丁度良いです。自分の目の筋肉を使うと見える弱めのレンズを使えば、毎日メガネをかけていても目が疲れません 。 メガネになります。 ご参考までに。

全ての物がハッキリ見え過ぎていると、
眼が疲れますので、少し弱い度数のレンズを指定しましょう。

疲れにくいメガネを作るコツです。

目が疲れにくい眼鏡の度数の調整方法は、20年位前だから1998年頃に、新青梅街道沿いの
LOVE LOVEと言うディスカウントショップがあるお店(たぶん瑞穂店)の中の眼鏡屋さんの店員さんに教わった方法で、左右の視力が異なっていても、眼鏡のレンズは左右同じ度数で、中距離と遠距離はそのままだと、少しだけ文字がぼんやりして見えて、自分の目の筋肉を使用すると見える位の少し弱いレンズの度数にすると、日常で眼鏡をしていても、目が疲れにくい眼鏡となります。ご参考までに。


眼精疲労に効く薬に、キューピーコーワiプラスと
マキベリーのパウダーとカプセルが御座います。
ヨーグルトと混ぜるなら、パウダー。お茶と飲むならカプセルなどを
お選び頂ければと思います。

紫外線や青色光を吸収して目にやさしいレンズ加工

セイコーフロンティアセイコーフロンティア

「紫外線」と「青色光」からあなたの目をやさしく守る
新レンズ「セイコーフロンティア」。

さまざまな使用目的・生活シーンで、その優れた効果を実感してください。

QUALITY特徴

  • 紫外線を100%カット
  • 420nmの青色光を約80%カット

ギラつきのない、日常使いに最適なクリアレンズです。

これまでの青色光カットレンズは、コーティングで青色光を反射させてカットしていました。セイコーフロンティアは青色光を吸収してカットするため、表面のギラつきがなく日常使いに最適です。

  • これまでの青色光カットレンズ(反射してカット)

  • フロンティア(吸収してカット)

こんな生活シーンにおすすめです。

  • お子様向けの学校生活にスマホやデジタル機器を生活から切り離すことのできないお子さまたちの目をやさしく守ります。

  • アウトドア、行楽などの「外出用」に日差しが強くなる夏場の外出や、海や山などの行楽にも強力な紫外線対策レンズとして安心です。

  • オフィスワーク用にデスクワーク、会議、外回りなど「紫外線」や「青色光」に接する機会の多い方の毎日の疲労軽減に。

  • カラー品(低濃度)の場合、レンズ素材の特性上、「色調誤差」および運転及び路上使用適合性(視感透過率による既定のカテゴリー)の違いが生じる場合がございます。




https://www.seiko-opt.co.jp/lens/frontier/
I shared it.

How to make glasses that are not tiring
If it is BicCamera, it is a lens of glasses called Seiko Frontier.
Even if the left and right eyesight is different
With the same frequency on the left and right, the car license
As far as it can be updated
Make it weak within the practical range,

Medium distance. Long-distance characters should be slightly out of focus. With a weak lens that you can see with your own eye muscles, your eyes won't get tired even if you wear glasses every day. It will be glasses. For your information.

If everything is too clear,
Since your eyes will get tired, specify a lens with a slightly weaker power.

Here are some tips for making glasses that are not tiring.

The method of adjusting the power of eyeglasses that does not tire your eyes is about 20 years ago, so around 1998, along the Shin-Oume Kaido.
According to the method taught by the clerk of the spectacles shop in the store (probably Mizuho store) where there is a discount shop called LOVE LOVE, even if the left and right eyesight is different, the lenses of the spectacles have the same power on the left and right, and the medium distance. If the distance is the same, the letters will look a little vague, and if you use a slightly weak lens that you can see when you use your own eye muscles, your eyes will not get tired even if you wear glasses on a daily basis. It will be glasses. For your information.

With Cupy Kowa iPlus as a medicine that works for eyestrain
Makiberry powder and capsules are available.
If you want to mix it with yogurt, powder. If you drink with tea, take capsules etc.
I hope you can choose.

Eye-friendly lens processing that absorbs ultraviolet rays and blue light

Seiko Frontier Seiko Frontier
Gently protect your eyes from "ultraviolet rays" and "blue light"
New lens "Seiko Frontier".

Please experience the excellent effect in various purposes and life scenes.

QUALITY
Feature
Ultraviolet rays
100% cut
420nm blue light
Approximately 80% cut
A clear lens that is ideal for everyday use without glare.
Until now, blue light cut lenses have been cut by reflecting blue light with a coating. Seiko Frontier absorbs blue light and cuts it, so there is no glare on the surface and it is ideal for everyday use.


Conventional blue light cut lens
(Reflect and cut)

Frontier
(Absorb and cut)
Recommended for such a life scene.

For school life for children
It gently protects the eyes of children who cannot separate their smartphones and digital devices from their daily lives.

For "outing" such as outdoor activities and leisure activities
It is safe as a powerful UV protection lens for going out in the summer when the sunlight is strong and for leisure activities such as the sea and mountains.

For office work
For daily fatigue reduction for those who have many opportunities to come into contact with "ultraviolet rays" and "blue light" such as desk work, meetings, and outside.
*
In the case of color products (low density), due to the characteristics of the lens material, there may be differences in "color tone error" and suitability for driving and road use (default category based on visual transmittance).


0 コメント:

コメントを投稿