2018年6月16日土曜日

Django入門にはDjango Girls Tutorialがおすすめ

勉強の為に転載しました。
https://qiita.com/takechanman1228/items/d711e175b32f833c5e9c

Django Girls Tutorial

Djangoのチュートリアルをいろいろ探してみた結果、「Django Girls Tutorial」がとても良心的に感じました。
Web開発の経験がない人でも一人で進められるのではと思うほどの丁寧さでした。
  • 英語版
  • 日本語版
  • よかったところ
    • 基本的な部分だけシンプルにさらうことができる
    • deprecatedな部分がなさそう
    • 数時間でおわる
    • ほとんどの用語に丁寧な説明がある
  • チュートリアルの概要
    • Django以前の背景知識
      • Internetとは
      • Comannd lineとは
      • Pythonとは
    • Djangoのインストール
    • プロジェクト、アプリケーション立ち上げ
    • DB,モデル,ORMについて
    • Django URLs,Viewについて
    • Herokuデプロイ
    • など
これをやった後、本家のチュートリアルや他のサイトで勉強するとスムーズかなと思いました。
コードはこことかに上がっていて安心。

その他のDjangoチュートリアルまとめ

チュートリアルのおおまかな流れ

これ以降はチュートリアルに沿ってやったことや参考にしたURLの備忘録。(大幅にはしょってますが)
  • 環境とバージョン
    • OS:OS X
    • Python:3.5
    • Django:1.10

Djangoのセットアップ

virtualenvで仮想環境の構築と実行
Djangoのインストール
プロジェクト作成(mysiteプロジェクト)
いろいろファイルが作成される。
mysite/settings.pyでルートディレクトリと利用するDBを設定して、migrateする

アプリケーションとモデル作成

Djangoでは、一つのプロジェクトが複数のアプリケーションで構成されるらしい。
以下のコマンドでmysiteプロジェクト以下にblogアプリケーションのフォルダとファイルが作成される。
mysite/settings.pyでアプリケーションを追加したことを定義し、blog/models.pyでauthor,title,textなどをもつPostモデルを定義
作成したモデルをDBに反映
ローカルでのサーバー立ち上げをするとhttp://127.0.0.1:8000/adminでアクセスが可能に

Admin

blog/admin.pyを編集しモデルをAdminページで管理可能にする。
以下のコマンドsuperuserが作成できる。migrateも忘れずに

herokuデプロイ

Heroku利用に必要なライブラリのインストールや依存関係の宣言など
以下のファイルを編集してからgit init/add/commit 
  • mysite/local_settings.py
  • mysite/settings.py
  • mysite/wsgi.py
そのあとは、Herokuに登録してpushして、migrateとsuperuserの設定してできあがり!
Cannot run more than 1 Free size dynos.とかいうエラーでたら、他のコンソールでのherokuアクセスしてることに怒られてるから、他のコンソールでのアクセスを終了させる(解説)

最後に

一応GitHubにあげました。

0 コメント:

コメントを投稿