2018年6月12日火曜日

2018年Javaは、大変高価0な有料版となり、バージョンアップも激しくなり企業は、クライアント1万同時アクセス対応のPython3&Cycloneへシフトすると思われます。

Jythonの検索結果はこちら

Jython Cycloneの検索結果はこちら

Cyclone Python3の検索結果はこちら

2018年、Javaは、大変高価な有料版となり、バージョンアップも激しくなり企業は、クライアント1万同時アクセス対応でAIや機械学習対応のPython3&Cycloneへシフトすると思われます。

JavaのWikipediaはこちら

PythonのWikipediaはこちら

http://cyclone.io/
上記がPython Cycloneフレームワークの英語のURLです。

https://github.com/fiorix/cyclone/issues
ここにPython 3対応について書いてあります。

http://cyclone.io/documentation/overview.html
ここでC10K problemについて書いてあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/Tornado_(Web%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90)
ここで、Cyclone以外のフレームワークのベンチマーク結果が書いてあります。

条件: AMD Opteron, 2.4 GHz, 4コア[1]
サーバセットアップ秒間のリクエスト数
Tornadonginx, four frontends8213
TornadoOne single-threaded frontend3353
DjangoApache/mod_wsgi2223
web.pyApache/mod_wsgi2066
CherryPyStandalone785
  Djangoが一秒間に  2,213件
Tornadoが一秒間に  8,213件
なのが分かり、
Cycloneが一秒間に10,000件
処理可能なので素晴らしいのが分かります。

0 コメント:

コメントを投稿