2021年3月23日火曜日

海警法の制定により、緊張感の高まる尖閣諸島... しかし、、そもそもこの「尖閣問題」を仕組んだのは 中国ではないことをご存知ですか?? 今、日本が尖閣防衛に慌てている様子を見て 高笑いしている国がありました... ↓ 尖閣問題の犯人を知る

尖閣周辺で中国当局の船が
約40日連続で確認されました。

機関砲のようなものを搭載していた船もあるといいます。

海警法の制定により、緊張感の高まる尖閣諸島...

しかし、、そもそもこの「尖閣問題」を仕組んだのは
中国ではないことをご存知ですか??

今、日本が尖閣防衛に慌てている様子を見て
高笑いしている国がありました...

尖閣問題の犯人を知る




福山隆の新防衛白書:最終巻「日本の防衛」編

特別価格でお申し込みできるのは、
明日までとなっております。

明後日以降はご案内致しませんので、
お見逃しのないようにご注意ください。

今すぐ詳細を見る


今回、お申込みいただいた方には、
特別特典として、



[特別特典]
「アメリカが作り上げた日本支配の仕組み」
現在も暗躍するジャパンハンドラーズの正体

を無料でご提供いたします。

具体的な内容は、、

日本支配の根底にある“最高傑作の論文”
特攻に原爆に天皇...
日本を理解するための日本研究レポートの正体

「ジャパンハンドリングの為の二本の手綱」
なぜアメリカは同盟国:日本を徹底支配するのか?
自衛隊が感じた“日本国防の落とし穴”

警察が触れられない"アメリカによる日本諜報のリアル"
大使館に学者にコメンテーター...
徹底したアメリカのジャパンハンドリングの全体像

など、こちらの特典では

“アメリカによる日本支配のカラクリ”について

福山先生の実体験を交えながらお話いただいています。

日本はアメリカの例外的な占領成功例と言われています...

その理由は、アメリカ人研究者によって
書かれた“一つの論文”に隠されていると言うのです。

その論文は対日戦争、日本占領でも重宝され、原爆投下の原因にもなりました。

そして、その論文を活かし作られた
今日も日本を支配する
“ジャパンハンドラーズ”の正体とその仕組みについて
話して頂いています。

きっとこれを見たあなたは、
自衛隊元陸将が肌で体感した
アメリカによる日本がんじがらめ政策の実態を
より鮮明に体感できるようになるでしょう。

今すぐ詳細を見る


さらに、もう一つの特典として、



[特別特典]
「防衛省VS外務省」
自衛隊元陸将が激白…日本の国防を担う“二大組織の闇”

を無料でご提供いたします。

具体的な内容は、、

「福山氏が外務省で学んだ2つのこと」
外務省の表の仕事と裏のミッションとは...

自衛隊と外務省の覇権争い

「福山氏が巻き込まれた
“防衛省と外務省を巡るスパイ事件”」
噛み合わない日本の国防と外交の実態

「今すぐ外務省改革が必要なワケ」
カギは”日米同盟と米軍”にあり...
現状の問題点と解決策

など、こちらの特典では
“日本の国防を担う二大組織の暗闘”について
福山先生の実体験を交えながらお話いただいています。

日本の国防を担う二大組織「防衛省と外務省」。

実際に、両方での勤務経験がある福山氏だからこそ語れるそれぞれの思惑と軋轢...

そしてなんとその裏には、やはりアメリカが存在していたのです。

そして、そんな内部闘争から脱却し、
防衛(防衛省)と外交(外務省)が国家の両輪となるために必要なことを福山氏が提言。

きっとこれを見たあなたは、
自衛隊元陸将が肌で学んだ
自衛隊、外務省、防衛省のリアルな内部事情が
より鮮明に体感できるようになるでしょう。

今すぐ詳細を見る






===========
ダイレクト出版
インテリジェンスメルマガ運営チーム
===========  



=====================================================
URL:http://www.prideandhistory.jp/ 
運営:ダイレクト出版株式会社
住所:〒541-0052 大阪府大阪市中央区安土町2丁目3-13 大阪国際ビルディング13F
メール: support■■prideandhistory.jp(■■を@に置き換えてください)
=====================================================

<メール配信解除URL>
以下をクリックするとメールマガジンの配信が停止されます
https://123direct.jp/cancel/unsubscribe?ckey=HxwTnomc&raid=276411

0 コメント:

コメントを投稿