2021年4月21日水曜日

200年錆びないクロム系ステンレスとセルロールナノファイバーと最高に頑丈なプロテウスの話。

コメント:建設物や自動車や海岸沿いの橋などの構造物は、鉄筋鉄骨のパーツは200年錆びないクロム系ステンレス

https://neovisionconsulting.blogspot.com/2020/07/nssd410-296-100200chrome-based.html
や研究中になりますが、セルロースナノファイバー
新素材のセルロースファイバーとセルロースナノファイバーのメリットとデメリット
https://neovisionconsulting.blogspot.com/2021/04/advantages-and-disadvantages-of.html

錆びない金属の研究。チタンとクロム系ステンレスについて。

https://www.natori-mnf.co.jp/titanrust/

最強の盾!絶対に壊れない物質「プロテウス」を新発見.

https://www.facebook.com/masahiro.ishizuka.54/videos/4176956669002840

https://video.fc2.com/content/20210420Lhfb6ucr

コメント:

チタンは錆びないと言うメリットがありますが、デメリットは高価な事です。

クロム系ステンレスは低収縮コンクリートと合わせて使用すれば一般的に200年錆びないと言う実験結果の鉄筋コンクリートが出来ると言うメリットが御座いますが。デメリットは、チタンと比較すれば、絶対に錆びないもしくは腐食しないと言うわけではありません。

古新聞(元は樹木やケナフ)が原材料のセルロースファイバーのメリットとデメリットとは
上記は主に建築材料のグラスウールより断熱性と吸音性と耐火性の優れた断熱材になります。ただし値段が少し高いです。

上記は鉄より数倍硬くて強くて軽くて値段も鉄より安い、透明であるのでガラスの代わりにもなると言う特性があり、さらに鉄筋鉄骨コンクリートの鉄筋鉄骨や、航空機、バス、自動車、船、あらゆる工業製品、医療機器など応用の可能性は無限大です。

(予想では、錆びないなら数千年もつはず。)などで鉄筋鉄骨を作り収縮しないタイプのコンクリートを合わせて使用すれば、長期間鉄筋鉄骨コンクリートの丈夫な構造物が出来るのではないでしょうか?なお新合金の割れにくくて壊れにくい丈夫なプロテウスがさらに錆びない様にさらに新しい合金を生み出せればもっと良いと言うアイデア。

https://neovisionconsulting.blogspot.com/2021/04/blog-post_80.html
WEBプログラマー aon(エーオン) 石塚 正浩。


0 コメント:

コメントを投稿